平板載荷試験は専門業者に依頼|他社と比較してみよう

男性

温泉を造る方法

温泉

様々な効能がある温泉は、若者からお年寄りまで人気のレジャースポットの一つです。この温泉を造るためには、土地を開発する前に地盤の調査や様々な改良工事を行なっていきます。

Read More..

必要な調査がある

男の人

注文住宅を建てるための土地を購入した際、まず行うことが地盤調査になります。この地盤調査の結果、地盤強化が必要と判断されると、都心部の平均的な一戸建て向きの土地の広さといえる、20〜30坪程度の土地だとしてもおよそ100万円程度の補強費用が必要となります。

Read More..

行う理由がわかる

工事

日本では必ずどこの土地であっても地盤調査をしなければならないのです。そうすることで、自分や家族を危険から遠ざけることができ、気に入った場所で暮らすことができるようになるでしょう。

Read More..

ロマンがある

工事現場

温泉開発は温泉探査から始まります

日本における温泉の定義は水温が低くても温泉成分が含まれているもの、あるいは温泉成分が含まれていなくても水温が高いものの二つになります。火山国家である日本には温泉が多く大小2万以上の源泉を持っているので、適正に調査を重ねるとどこかしら温泉が湧くものです。ただ地下水のないところでは温泉は湧きませんのでまずは地下水を見つけることから始まるわけです。地下深部の岩盤の隙間に温泉があることが多いので、温泉開発を希望している地域のなかで有望な場所を探します。まず既存の温泉の場所を参考に地表を調査します。そして地下深部の岩の隙間、断層を探すために電磁探査、電波探査などで地形を調査して実際に掘る場所を決定します。

温泉はどのように作られるのでしょうか

さて温泉開発予定地が決まるといよいよ掘削に入ります。温泉開発のかなめである掘削工事は主にロータリー工法という方法で行われます。まずさく井機を設置し掘っていきます。掘った後にケーシング管を挿入して仮の井戸を作ります。そして掘削されたサンプルを手掛かりにどの深度にスクリーン管を設置したらいいか決定しケーシングの管を入れます。適切な位置にスクリーン管が入っていたらそこから自然にケーシング管内に温泉が入ってきます。そうすると温泉井戸の完成です。ここまできたら温泉開発はあと一歩です。揚湯試験を行い実際の温泉井戸の能力をはかります。データをもとに開発する温泉に適した温泉ポンプを設置し温泉が完成するわけです。

評判がいい業者に依頼する

平板載荷試験は素人が行うことはできないので、必ず専門業者に依頼するようにしましょう。専門業者なら知識や経験が豊富ですので、安心して任せることが可能です。しかし、平板載荷試験を行なっているところでも評判が高いところや低いところがあるので、ウェブサイトの口コミを見て、決めるといいでしょう。また、資料請求が可能な場合もあるので、請求してみるという手もあります。